クレジットカード名人

   

学生がクレジットカードを作ることは可能?

最近はキャッシュレス化が進められていて、オンラインショッピングやその他の支払いの際にクレジットカード決済を利用する機会が増えています。学生の方であればネット上で支払いをする場合がありますし、大学院生の方は国際学会に参加するために海外旅行に行く機会もあります。オンライン上で支払いをしたり海外旅行に行く場合は、クレジットカードが必須アイテムのひとつです。
クレジットカードは後払いなので、ローンを利用する場合と同じように審査を受けて通過しなければカードを持つことができません。家族カードを発行してもらう方法もありますが、親のカードのショッピング枠が減らされてしまうというデメリットがあります。インターネット銀行の口座を開設すれば、国際ブランドのデビットカードを発行して利用する方法もあります。プリペイドカードを利用すれば、チャージ金額分を上限にクレジット決済が可能です。
基本的にデビットカードやプリペイドカードでもオンラインショッピングや海外旅行の支払いに利用することが可能ですが、携帯電話代・公共料金・ホテル代の支払いに利用ができない場合があります。デビットカードの場合は支払いができる限度額は普通預金口座の残高の範囲内に限られるので、多額の買い物をする際は事前にまとまった金額を口座に預金するかチャージしておかなければなりません。デビットカードやプリペイドカードの多くはポイントが貯まらないので、ショッピングポイントで節約をすることができません。
仕事をしている社会人であれば問題がないのですが、収入がないまたは少ないアルバイト収入しかない学生の方は申込ができない場合があります。それでも最近はカード会社によっては20歳以上であればアルバイト学生でも申し込みができるので、保護者ではなくて自分自身の名義でカードを発行してもらうことが可能です。中には、学生向けのクレジットカードを発行しているカード会社もあります。このようなカードは限度額が低めに設定されていてキャッシングサービスが利用できないなどの制約がありますが、収入が少ないまたは不安定な方でも発行されるという利点があります。社会人向けのカードと同じようにポイントが貯まるので、上手に節約をすることも可能です。
学生向けのクレジットカードは、三井住友VISAクラシックカードA・JALカードnavi・ANAカードの3種類です。三井住友VISAクラシックカードAはインターネットで申し込みをすれば、初年度の年会費が無料になる特典が付いています。ショッピング金額に応じてポイントが貯まりますし、ETCカードも発行してもらえます。顔写真入りICカードを選ぶことができるので、紛失した際も安心です。
JALカードnaviは在学中に限り年会費が無料で、ショッピング金額の1%分がJALマイレージで還元されます。貯まったマイレージはワンワールド系の航空会社で利用できるほか、各種商品や他社ポイントに交換がかのうです。JALやワンワールドの航空会社を利用して海外旅行に行く方は、JALカードnaviがおすすめです。
ANAカードは、ANAやスターアライアンス系の航空会社で利用可能なマイルが獲得できます。在学中の年会費が無料で、電子マネー「楽天Edy」を付けることも可能です。ちなみにJALカードnaviとANAカードはETC年会費が無料なので、自家用車で高速道路を利用する方にもおすすめのカードです。
社会人と比べると収入が少ないので申し込みができないケースが多いのですが、一部のカード会社は学生の方に対して積極的にクレジットカードを発行しているので申し込みをしてみると良いでしょう。

カード会社 , ローン , 学生 , 審査 , 旅行