クレジットカード名人

   

クレジットカードを使うときの注意点

クレジットカードを使うときの注意点の一つは、たくさん使い過ぎないことです。たくさん使い過ぎると、通帳にもお金がない状態が発生してしまい、債務不履行になってしまいます。債務不履行は、損害賠償請求の対象になるため、可能な限り避けるべきでしょう。もし、最初の月に支払うことができなければ、よく月に支払えば損害違約金はそれほど多くはありません。ですが、2カ月も支払ないとさらに問題が生じてしまいます。3カ月ためるとどうなってしまうかと言えば、ブラックリストに名前が掲載される可能性があります。ブラックリストに名前が掲載されるデメリットは、お金を借りる時に利用することができなくなる点です。例えば、3カ月滞納した人がカードローンでお金を借りようとしている場合、審査がありますがその審査に通らない可能性が高いです。
なぜ審査に通らないかといえば、審査をするときに過去の金銭的な利益を確認するからです。審査を行うのは、クレジットカード会社ではなく情報信用会社になります。情報信用会社が、その人の状況を調べてデータを検索したとき過去に債務整理の利益が残っている場合や3カ月以上滞納したことの履歴が残っているとすればまずお金を借りることはできません。これは、お金を貸す立場になればわかりますが、お金を貸す立場としては貸した以上は必ず返して欲しいと考えています。逆に、返してくれさえすればあとはどのような条件のもよいわけです。
では、一度でも滞納が長引いてしまった場合や債務整理をした場合はお金を借りることができないのでしょうか。この点に関しては、そのようなことはないといえます。なぜなら、情報信用会社に掲載された過去の利益も時間の経過とともに消滅するからです。例えるならば、銀行強盗したとしても一生刑務所の中にいるわけではないのと同じになります。時間の経過とともに、いるされることも世の中には少なくありません。お金を借りて信用を失った場合も同じです。ではどれぐらいの期間が必要でしょうか。信用を取り戻すための期間、つまりブラックリストに名前が掲載されている期間はおおむね5年間から7年間ぐらいとされています。そのあいだはお金を借用することはできないものの、ある程度の時間が経過すれば問題なく利用することができます。
ただし、前に債務整理をした会社や滞納した会社からお金を借りることはほぼできないといってよいでしょう。これは何年経過しても同じになります。はじかれてしまいます。
もう一つの注意点は、現金化することができるかです。現金化とは、クレジットカードを利用して宝石などの商品を購入し現金化の会社にそれを持ち込むとお金の何かを手に入れることができることです。もし期限までにお金を備えて返済すれば宝石を返ってきますので問題ありません。逆に、お金を返済できない場合は宝石はもう戻ってこないと考えてよいです。まるで質屋のような仕組みですが、この現金化は少し問題があります。
なぜかといえば、クレジットカード自体はお金を貸す手段ではないからです。もともとお金を貸すことを予定してつくられているわけではありませんので、違法になる可能性があるといえるでしょう。ただ、これに関して禁止している法律はまだなく、グレーゾーンの中にあるといってもよいです。いずれにしても、安易に現金化を利用すると問題になることもありますので利用するときはしっかりと下調べをすることが重要です。ちなみに、現金化される金額は宝石の場合ならばおよそ85パーセント程度です。残りの15パーセントを手数料として現金化をしてくれる会社にとられてしまうと考えられます。
闇になぜ現金化をするときにダイヤモンドなどの宝石なのかといえば、持ち運びが楽だからです。手渡す時に苦労しない点も、大きな魅力です。

ブラックリスト , 債務不履行 , 現金化