クレジットカード名人

   

クレジットカードの作り方はどのようになっているか

現金を持たずに買い物をしたり、現金振り込みをしなくてもインターネット通販などで簡単に決済ができるクレジットカードは便利ですので、持っていない場合は作り方を把握して利用を検討する良いです。申し込み方法には電話で連絡したり書類を郵送する、インターネットを使ったり店舗に行くなどの方法がありますが、この中で最も手軽なのがインターネットです。申し込みフォームに必要事項を記載して審査を受け、許可が出ればメール等で通知されるので振り込み先の銀行口座の登録を行います。このときにポイントサイトなどを経由していれば商品券等のキャッシュバックがあるのでお得です。後日カードが郵送されてくるので、それを受け取れば利用可能になります。
即日で必要な場合には店舗に直接行く必要がありますが、この場合も先にインターネットから申し込んでおき、結果が出てから受け取り行くこともできます。重要なのが即日で結果が出るカードであることと対応している店舗が近くにあり、営業時間に十分な余裕があることです。審査に通っていても時間がかかって店舗が閉まっていると翌日になってしまうので注意します。なお、店舗からでも申し込みはでき、こちらでもキャッシュバックなどを行っている場合がありますが、一般的にはインターネットからの方が金額が高いです。なお、申し込みから郵送で行うのはカードが手元に届くまでの時間が長くなってしまうので、余程の理由がなければ利用する意味はないと言えます。
クレジットカードの作り方で重要になるのがその人の信用性です。購入した代金を後から支払う仕組みであるため、収入が少ない人が利用すると遅延したり払えなくなるなどの問題が発生するため、審査ではチェックされています。金融機関で情報を共有している、個人信用情報機関に遅延等の記録が残されている場合には断られる可能性が非常に高いです。収入に対して所持している他のカードの利用限度額の総額が高すぎる場合も落ちますので、事前に整理しておいた方が良いです。また、カードのステータスによっても難易度が異なっているので目的に合わせて適切なものを選びます。例えばゴールドカードは様々な特典があり、利用額が大きい人ほど有効に使えますが、それだけ高い信用性が求められます。遅延のような問題がない人でも過去にカードを利用した経験がほとんどない場合には落ちると考えた方が良いです。
初めての人に向いているクレジットカードの作り方としては、消費者金融の発行しているカードにするのが最も難易度が低くなります。消費者金融と聞くと悪いイメージを持つ人もいますが、キャッシングを利用せずに計画的にショッピングを行うのであれば危険性はありませんので、まずはカードを持って利用履歴を作っておきます。それから他のカードに申し込むと良いです。コンビニやスーパー、インターネット通販などの流通業が発行しているものに関してもカードの発行によって自社の売り上げ増加に繋げられるので比較的難易度は低いです。
審査の際には在籍確認で職場に電話連絡がかかってきます。これは実際に収入を得ているか確認するために行われるもので、無職の人が虚偽の記入をしていると発覚して落ちてしまうので注意が必要です。審査の担当者の判断で行わない場合もありますが、こちらで希望してなしにしてもらえるものではないので通常はあるものと考えた方が良いです。
配偶者の口座を引き落としに指定したい、という場合がありますが、これは各社で違いがあるので確認してから申し込みを行います。カードを発行する本人の口座に限定されているものでは利用できませんが、この場合は配偶者が本会員となり、家族カードを作るという方法で対応が可能です。違いはカードを使ったときのポイントが誰に付与されるか、という点なので大きな影響はないです。

カード会社 , 年収基準 , 申し込み