クレジットカード名人

   

クレジットカードのビジネスモデルの仕組み

クレジットカードは、加盟店でカードを提示することで支払いを行うことができるものです。支払われた代金は後日にまとめて請求され、銀行口座から引き落とされる仕組みとなっています。また分割払いも可能であり手数料を支払うことで簡単に高額商品を購入することができるものです。クレジットカードのビジネスモデルとしては、カード発行会社が利用者に対して安全で便利な決済サービスを提供し、また加盟店に対しても支払いが滞りなく行えることで集客力を高めることができます。以前は高額商品の支払いや旅先など多額の現金を持って歩くには危険が伴うような場合の支払い方法として使われてきたものですが、現在では少額な代金の支払いにも広く使われるようになっています。

そもそもクレジットカードの発端は、旅行者に対して安全な支払いを行えるように便宜を図ったものです。このようなサービスそのものは日本を含めてあらゆる地域で見られるものでしたが、1960年代に本場アメリカで現在のようなプラスチック製のカードを提示することで利用できるようになり利便性が向上します。特に1960年代は所得が増大しさまざまな地域を訪れるビジネスマンが増えた時代背景もあり、旅行者というよりはビジネスマン向けに普及していくことになり、このような事から、元来のクレジットカードといえば旅行アイテムのひとつといえるものです。一方で、支払いの仕組みが後払いですから、当然ながらその支払いが出来る能力のある人間しか利用できません。これは現在でも同様ですが、1980年代までは、それほど一般的なサービスとはいえず、一部のビジネスマンが利用するものであり一種のステータスといえるものでした。しかし1980年代以降は日本でも所得が増えたことなどから、サラリーマンや公務員であれば利用することが可能になっていきます。特にそれまで旅行者向けやデパートなどの会員向けのカードが中心であったのが、定期的に給油をしなければならないガソリンスタンド向けのものが登場するようになり、さらにポイントを付与することで実質的な割引販売などが行われるようになっています。さらに2000年代以降は電子マネーとも関連するようになり、さまざまな分野でクレジットカードが発行されています。ただし、加入するためには一定の収入があることが条件であり、上級カードでは相応の年会費を支払わなければなりません。

現代のクレジットカードは、登場した当時と比べると多様化しています。基本的には加盟店での支払いに使用されるものですが、実際のお店ではなくインターネット通販でも使えるため海外のサービスを利用するさいにも使われているものです。また1990年代以降はポイント還元による顧客獲得が、盛んに行われるようになり、現在ではカードを選ぶさいの参考にされています。ポイント還元は実質的に買い物をすることで一部が戻ってくるものですから、特に日常の支払いや高額商品を購入するのに利用すれば、よりお得に買い物ができるメリットがあるものです。一方で本来の使い方としては、旅行の存在があります。もともと旅行先での支払いが苦労しないように登場したもので、海外での支払いに
利用できるほか、ゴールドカードなどになると旅行保険が付帯します。それとキャッシングサービスを利用できるようにしておけば、提携している海外のATMから現地通貨でお金を借りることができるため、カードが使えないような場所でも現金を調達する手段としても使えるものです。このような事から、現在ではさまざまな分野で使われるように成っており、海外旅行はもちろん国内でのちょっとした買い物にも使われています。

ポイント還元 , 分割払い , 旅行